今更聞けない!? もう1度知っておこう、バリスティックナイロンとは!

皆さん、こんにちは。藤巻です。
さてさて、皆さんはDSPTCHの特徴、特にバッグについての特徴はご存知ですか?
DSPTCHのバッグと言えば丈夫で、機能性が高く、壊れにくい、といった特徴のイメージを持つ方が多いと思いますが、そのイメージの源となっているバッグの素材は皆さんもご存知のバリスティックナイロンですよね。

ただ、バリスティックナイロンが丈夫なものなのは知っているけど、何が凄いのかって実際に知っている方はそう多くはないんではないでしょうか。ということで!今回のBLOGではバリスティックナイロンについて掘り下げていきたいと思います!どうぞ最後までお付き合いください。

バリスティックナイロンは元々、耐久性が高く、防水性にもかなり強い軍事用として作られた生地なんです。
化学会社デュポン社というアメリカの会社が開発しました。

デニールという糸で作られており、有名な話では通常のナイロンより5〜7倍の強度があると言われています。生地自体でいうならば防弾チョッキにだって使われているんです。
これだけ聞いてもかなり強力というのは分かりますよね。

他ブランドでは通常、バリスティックナイロンのバッグは1050デニールナイロンというのを使用して作られています。

そもそもデニールと言うのは、線密度、繊度、糸・繊維の太さの単位であり、1デニールは、9000メートルの糸の質量をグラム単位で表したもので、その数値が高ければ高いほど強度が強いということになります。

それでは、DSPTCHはどれくらいのバリスティクナイロンを使用しているかというと、
1050デニールナイロンよりも強い1680デニールナイロンを使用して作られているんです!!

約600デニール以上高いということはかなり強さということが分かりますよね。
強いをこしてもはや、最強ではないでしょうか!(笑)
最強はやや冗談ですが、、、(笑)
これだけの強さがあるので耐久性や撥水性にも強く、長年皆様に愛されるバッグになってるんでしょうね。
掘り下げれば掘り下げるほどバリスティックの良さが出てきますね〜。

ここまでバリスティックの凄さ、DSPTCHが使用しているバリスティックの強さを紹介してきましたが、どうでしたでしょうか!
よりバリスティクナイロンの良さ、DSPTCHのバッグ製品の良さが分かって頂けたんではないでしょうか。
もちろん!DSPTCHではケースなどの小物類の素材にも同じバリスティックナイロンを使用していますよ。

バリスティックのバッグをこれから買おうと迷われている方!私たちスタッフが自信を持ってDSPTCHのバッグをオススメいたします!
是非1度、試着しにご来店ください。バリスティックの良さに気づけるはずです!

※DSPTCH TOKYO2020831日をもってクローズいたしました。
商品をお求めのかたはDSPTCH ONLINE STOREまた全国のお取引店をご利用ください。